アンテナに引っかかれば、何でも来い!的なブギウギ音楽ブログであります(^○^)b

アマゾンアソシエイツに参加しました!
ピックアップのリンクから直接お買い物ができるようになりましたので、是非〜^^


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 ザ・リバー 

  

 ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様) 

  

 THE”LIVE”1975-1985(紙ジャケット仕様) 

  

 ステイツボロ・ブルース 

  

 The Band 

  

 Cloud Nine 

  

 フィルモア・イースト・ライヴ+6(デラックス・エディション) 

  

 “リッスン&プレイ!”Kunio Kishida Plays ザ・オールマン・ブラザーズ・バンド 

  

  

  
what time is it ?
メロン村78-31:ハムニエル
神経衰弱
CIRCLE OF "THANKS"
≡ SPONSORED ≡

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ JMB連携TB企画第59弾 /Music Of The Year! 2006 !

さぶ彦です

中々アップできぬまま新年を迎えてしまった今日この頃

年に1度のお楽しみ、ってわけで

ベスト2006を発表しちゃいましょうかね!



carl perkinsまず、1枚目は、"Carl Perkins & Friends / A Rockabilly Sessions"
映像を観て興奮したのは96年、ヴィデオだったなぁ そこから約9年 今度は音源がリリースされた! ジョージやクラプトンの楽しそうな表情が嬉しい



bruce springsteen続いては、2枚目 "Bruce Springsteen / We Shall Overcome : The Seeger Sessions" 前作"Devils & Dust"からブランクを開けずにリリースされた本作は、ボブ シーガーとの楽しいセッション! こういうリラックスしているブルースもいいなぁ DVD付きってのもあるらしいけど、音源だけでも充分お腹いっぱいだよぉ〜


元春3枚目は"佐野 元春 with Heart Land / The Essential Cafe Bohemia" これ、オリジナルがリリースされてからもう20年になるんだねぇ.....初めての元春だから、こういう風に完全版として世に出るというのは感慨深いものがある 聖なる夜に口笛は吹かなかったけれど、胸の内で奏でていたよ


butcher4枚目! こういうのがあるから漁盤はやめられないのだよ "Butchering The Beatles / V.A" 所謂ブッチャー アルバムという盤があるそうで そのパロディーがこれ 色んなバージョンがあるみたいだけれど、これは Heavy Metal 編とでも云おうか 兎にも角にも面白い!


slayer5枚目〜 Loud Park 2006 に出演した"Slayer / Christ Illusion" 666のリリースは叶わなかったけれど、待っただけの甲斐のあるヘヴィーなアルバムだった 私の中でメタルといえば、Slayer だよな、と改めて思った Kelly King よ、ナゲットもいいけど長生きしてくれ!


J.L.L6枚目! "Jerry Lee Lewis / Last Man Standing" この人はロケンローをプレイする為に生まれてきたようなもんだよね 前16曲、様々なアーティストとのコラボで完成されているのだけれど どれもマッチしているのだよ 変幻自在に、でも一本筋が通ったホンキートンクには涙が止まらなかった


アナウンサーズ7枚目! NHKにもこういうまともな人がいたんだねぇ "ことばおじさんとアナウンサーズ / これってホメことば?" 普段気にすることなく口にする言葉に疑問を感じた事ってないかな? 私はしょっちゅうなんだよね 歌詞を読んでナットクする人って多いかも!?


コレクターズ8枚目....ゼ〜ハ〜f(^-^; "The Collectors / The Rock'n'Roll Culture School" 知らぬうちに出ていてね 今年の選考にギリギリ間にあったようなもので これまでにバンドに曲を提供してきたアーティスト達へのトリビュートもので 結構興味深い 唯一のバンドのオリジナル曲は、そんなアーティスト達へのアンサーソング これが凄くいい!


JBs9枚目だぁ〜!! 奇しくもクリスマスに旅立ってしまった"James Brown" 彼を強力にバックアップしたバンドである "The J.B.'s / Funky Good Times : The Anthology" これ、何も言えないなぁ ただただ格好良いとしか言えない


niel youngラスト10枚目は!......."Niel Young & Crazy Horse / Live At The Fillmore East" これ、やっと日の目を浴びた音源らしいね もぅ、出し惜しみしちゃって、ニールってば! この当時から16分なんてのはザラだったみたいだね ここでは、"Cowgirl In The Sand" なんだけれど でもマイルス デイヴィスが前座だなんて、凄いよ!


ってなわけで、これで以上でやんす

ちなみに番外編として.......

JJ and EC"J.J Cale and Eric Clapton / Road To Escondedo" 敢えてランクから外した これで良いのだ


| Best Of The Year | 17:09 | comments(0) | trackbacks(103) | | |
| 1/1PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS