アンテナに引っかかれば、何でも来い!的なブギウギ音楽ブログであります(^○^)b

アマゾンアソシエイツに参加しました!
ピックアップのリンクから直接お買い物ができるようになりましたので、是非〜^^


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 ザ・リバー 

  

 ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様) 

  

 THE”LIVE”1975-1985(紙ジャケット仕様) 

  

 ステイツボロ・ブルース 

  

 The Band 

  

 Cloud Nine 

  

 フィルモア・イースト・ライヴ+6(デラックス・エディション) 

  

 “リッスン&プレイ!”Kunio Kishida Plays ザ・オールマン・ブラザーズ・バンド 

  

  

  
what time is it ?
メロン村78-31:ハムニエル
神経衰弱
CIRCLE OF "THANKS"
≡ SPONSORED ≡
<< Jackson Browne / Solo Acoustic : Vol 1 | main | Rick Danko / In Concert >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ Eric Clapton / Journeyman

journeymanえ〜、さぶ彦です

イキナリ間が開くのがお約束になってしまった今日この頃、如何お過ごしでしょうか?

最近のクラプトンって、長い旅から帰って来たよって意味が込められていると感じる"Back Home"、そしてJ.J.Caleとの"The Road To Escondedo"などゆっくりとレイドバックしてる

そんなクラプトンの89年作の"Journeyman"を今回はやってみようかな、と

2006年のジャパン ツアーのオープニングにもなった"Pretending"から始まるこのアルバムは、強い意志を感じる

故、ジョージ ハリスンとの"Run So Far"はクラプトン流の「思えば遠くへ来たもんだ」ようなちょっと微笑ましい曲

自分が駆け抜けて来た道を信じた男の自信を感じさせる"Running On Faith"

そして"Breaking Point"では「ここ(このアルバム)からまた進むべき道を見つける旅に出るよ」という強いメッセージが込められていると思う

全体的にブルージー、というか

ここからクラプトンの果てしないブルース探求の旅が始まったんだ



| British Rock | 11:41 | comments(2) | trackbacks(1) | | |

♯ スポンサーサイト

| - | 11:41 | - | - | | |

♯ コメント

ジェイ加藤さん!
有り難うございます〜
こちらこそTB感謝です^^
さて、RECOMENDですが.......
私もこの3枚が特に好きで!
"NEBRASKA"も入れようかと思ったのですが、絞りに絞ってこの3枚にしたのですよ^^

これからも宜しくお願いします!
| ハムやん | 2007/02/24 9:40 PM |
はじめまして
TBありがとうございます。
ところでRECOMENDのスプリングスティーンの3枚は、ぼくも非常に大好きです。特にこの3枚が。

| ジェイ加藤 | 2007/02/23 10:09 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

Pretending ( プリテンディング ) / Eric Clapton
この『Pretending』や収録アルバム<Journeyman>を聴くと何やら心に秋風が吹くのは、ジャケ裏の写真のせいだけではないだろう。 ポピュラーミュージックのメインストリームに躍り出た感のある前作のあと、実にまるまる3年ぶりのオリジナル盤であるうえに、豪華で多彩
| 目指せ! クラプトン全曲レビュー | 2007/02/23 10:05 AM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS